知っておくべきこと

公認会計士の資格はもちろん女性でも取得が可能です

両手の親指を立てる女性会計士

公認会計士は女性が活躍できる職業としても人気です。資格さえあればあとは実力なので、女性でも努力次第で、どんどん出世して、お金を稼ぐことができるでしょう。

長期で働きやすい公認会計士

公認会計士のお仕事は女性に優しい魅力がたっぷりです。女性は、仕事にやりがいを感じていても、結婚や出産、育児のために職場を離れなくてはならないこともありますよね。

だから、もし途中で働けなくなって一度仕事から離れることになったとしても、再就職をすることができるかはとても大事なことですよね。

一般的な会社では、一度退職すると戻るのはとても大変です。でも、公認会計士は、再就職もしやすいですし、生活スタイルに合わせてパート勤務をすることもできるのです。

いつでもどこでも資格を使って働ける職業は女性にとっては大きな魅力だと思います。

家庭との両立ができるかどうか

女性にとって、公認会計士の仕事が、家庭と両立できるかどうかを気にしてい人は少なくありませんよね。一般企業だと託児所付きのオフィスなどもありますが、公認会計士は、監査法人に所属した場合、取引先の家に直行直帰になることが多いので忙しいときにも無駄な移動時間を含めなくて考えなくても大丈夫です。

家庭との両立の点では、できない職業ではないといえるでしょう。忙しい時期には出張などもありますから、子どもが小さいと、出張は難しそうですよね。

男女平等で働ける公認会計士!

公認会計士のお仕事は、どのような働き方にするかを考れば、ぐっと働きやすくなるはずですよ。正社員の場合、出張なども多いので、働きにくさはあるかもしれませんがね。

子供が小さいかちはそうでなければ、幼稚園を一時休止して働きやすい時間にアルバイト感覚で働くのも一つの方法です。正社員としてはなかなか入れない会社でもアルバイト扱いなら簡単に入れるということもあります。

また、努力さえすれば、男性に負けない評価が期待できるので頑張ってみてくださいね。

関連記事

  1. 作業中の会計士 公認会計士の一般的なイメージと実際の仕事の内容
  2. 考え事をしている女性会計士 公認会計士に必要なのは専門的な知識だけではない
  3. こちらを見つめる男性会計士 公認会計士資格の取得希望者が多い理由について
  4. 公認会計士資格試験に向けて勉強をする男性 公認会計士には並大抵の努力ではなれないものなのでしょうか?

ピックアップ記事

  1. 公認会計士資格試験に向けて勉強をする男性
  2. 両手の親指を立てる女性会計士
  3. こちらを見つめる男性会計士
PAGE TOP